生活保護を受けたいと思ったら生活保護申請代行業者を利用しよう

生活保護を受けたいと思ったら生活保護申請代行業者を利用しよう

SITEMAP

自分で行けない場合は生活保護申請代行の利用を考えよう

封筒を持つ

生活に困窮した方に対して最低限の生活を国が保障する制度である「生活保護制度」。その中で、「生活保護申請代行」というのがあります。原則として、申請を受けるのは生活保護が必要な要保護者本人が行います。しかし申請を受ける要保護者本人が病気や怪我などで入院中であったり、また認知症や高齢なため自身で申請に行けない場合、身内の方が代わりに生活保護申請代行を行うというケースが多いのです。法律上、要保護者本人以外で生活保護の申請の手続きができるのは「要保護者の扶養義務者」「その他の同居の親族」となっております。病気や障害などが原因でご自分で申請に行くのが難しい場合、家族に相談して代行申請をお願いするということも頭に入れておく必要があります。
しかし、生活保護制度は複雑で申請に行っても中々手続きに進めることができない場合があります。そこで、生活保護申請代行に弁護士や行政書士といった士業の事務所に相談して開始申請の手続きの代理業務に行ってもらうことも考えておく必要があります。生活保護の申請において不当な理由から受理されず追い返された、生活保護を打ち切られたという事例があります。そこへ弁護士が代理人として福祉事務所と交渉代理業務や生活保護申請代行業務を行ってくれます。

注目の記事

説明をする女性

手続きに不安があるなら生活保護申請代行を

生活が困窮していて生活保護を考えているけれども、手続きに不安を感じている方はとても多いです。 水際作戦なんてよく言われて…

MORE
書類の確認をする

生活保護申請代行は弁護士に依頼しよう

何かしらの事情によって生活していくことが難しくなった場合、国民の権利として生活保護を申請することができます。しかし誰もが無条件に生活保…

MORE
封筒を持つ

自分で行けない場合は生活保護申請代行の利用を考えよう

生活に困窮した方に対して最低限の生活を国が保障する制度である「生活保護制度」。その中で、「生活保護申請代行」というのがあります。原則と…

MORE
スマホを操作する

生活保護申請代行はこんな人にオススメ

収入が少ない、そもそも収入の当てがなく、これからの生活費が枯渇してしまっている方など、生活保護を受けたい方は相当数いらっしゃると思いま…

MORE